2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには他の趣味でも

ここ2日間、MJやってません。今週さして目標とするようなことが無いので^^;
15日になったしサブで東プロやってもいいんですけどね。東プロに関してはあまりリーグ上げたくないんですよ、ぶっちゃけw東風苦手だからリーグ上がったら必死こいて維持目指す作業が目に見えてるんでwwwS3維持して球戦だけ勝てればいいんですw MJやってないし、今日は珍しくMJ以外の話題でも書きますかね。
MJで自分が所属しているチームのリーダーのサブカの名前がヤエノムテキに変わってました。これは競馬好きな自分としては無視できないwwで、自分もシヨノロマンに名前変えようとしたんですが、オリネ申請中だと名前変えられない…。メイン、サブ共にオリネ申請中なのでアウト~ww
本来ならチーム内のPRで書くべき内容ですが如何せん文字制限があるので許してください<(_ _)>

折角競馬の内容に触れたので需要無いのは分かりきってますが自分の好きな馬TOP5でも書きますw
1位 マヤノトップガン
やはりサクラローレル、マーベラスサンデーとの3強対決の天皇賞・春でのレースが今まで見てきたレースでいちばんです。トップガンは強いレースもたくさん見せてくれましたが負けたレースは何で負けた?と思わせるほど負けるのでムラっ気たっぷりなのもまたいいですw


2位 サニーブライアン
この年のクラシックレースはメジロブライトを中心にまわると皐月賞前は多くの競馬ファンが思っていました。しかし、皐月賞を勝ったのは11番人気のこの馬。フロックだと思われていた為ダービーでも皐月賞を勝っていたにもかかわらず低人気。しかしレース前主戦騎手の大西直宏は「1番人気はいらない、1着が欲しい」こう言い放ち実際ダービーも勝ってしまうのです。唯一三冠制覇の権利を持っていたこの馬、故障の為結局1度も1番人気でG1に出走することなくダービーが引退レースとなってしまいました。この年のクラシックに出ていたメンツは今考えると超ハイレベルだったりします(メジロブライト、シルクジャスティス、サイレンススズカ)。それらを差し置いての2冠制覇はすごいです。ダービーでの三宅アナの「これはもうフロックでも何でもない!二冠達成!」はダービーでの名実況として今もなお語り継がれています。

3位 トウカイテイオー
父が日本初の無敗でのクラシック三冠制覇したシンボリルドルフ。その初年度産駒がこのトウカイテイオー。次元の違うレースを見せ続け、父同様に日本ダービーまで無敗で制していきます。しかし故障で菊花賞は出れず。その後は勝つときは圧勝、負けているときはレース中に故障発生していたとファンにとっては負けたのは故障のせいだと言い訳が出来る馬でしたw1992年の有馬記念のあと故障で1年休み、再び出走したのは翌93年の有馬記念。1年もの休養明けにも関わらずファンの応援馬券的な売り上げで単勝は4番人気。しかしトウカイテイオー絡みの馬連は低人気でしたが、そのレースでトウカイテイオーは激走するのです…。

4位 サイレンススズカ
デビュー前から素質はものすごいと評判の馬でしたが、4歳時(現3歳)は難しい馬だったということもありその素質を発揮できていませんでした。その年の暮れに香港に遠征するのですがそこで手綱をとった武豊と5歳になってからコンビを組むようになりその素質が開花。その年は負けること無く重賞、G1と勝っていき、秋の天皇賞の前哨戦の毎日王冠へと駒を進めます。このレースにはサイレンススズカの他にエルコンドルパサー(後の凱旋門賞2着馬)、グラスワンダー(後に有馬記念2連覇、宝塚記念勝ち)という超が付く名馬も出走してきました。この毎日王冠はそのメンバーのレベルの高さから伝説のG2などと呼ばれています。そんなメンバーを相手にサイレンススズカは次元の違う競馬で楽勝するのです。そして敵はいないと思われた秋の天皇賞、沈黙の日曜日となってしまうのであります…。

5位 セイウンスカイ
サンデーサイレンス全盛の時代に超が付くほどのマイナー血統ww同期にはサンデーサイレンスの仔のスペシャルウィーク、欧州最強馬だったダンシングブレーヴの仔のキングヘイローと血統では見劣りしまくりのこの馬がこの年のクラシック二冠を制覇します。中でも菊花賞とその前哨戦の京都大賞典のレース振りは鳥肌モノ!横山典弘が京都の長丁場で逃げを打つ度にこの馬の存在を思い出します。


競馬好きな人はこんな風に好きな馬がいると思います。
で、ウイニングポストというゲームではそんな馬たちの仔で最強馬を生産するというような楽しみ方が出来たりしますw自分も以前セイウンスカイやサニーブライアンの仔で強い馬を作ったことがありましたw
最近メジロブライトから4代続けての天皇賞制覇を目指すという動画にハマってます。
早くも企画がピンチになってきているんですがかなり面白く見させてもらってますw


● COMMENT FORM ●

No title

リーダーと呼ばれるとなんか照れくさい、コント赤信号の渡辺正行さんを思い出してしまう(笑)
お馬さんについてのコメントは長くなりそうなので割愛します

それにしても良く知っていますね
十数年も前のお馬さんたちを
アグネスタキオンとか

私はバブルガムフェローが大好き(`・ω・´)

平成八年の天皇賞(秋)。
古馬ニ強と言われた、マヤノトップガン・サクラローレルを直線鮮やかに抜き去って、更に突き放して行く四歳馬の勇姿。当時小学生だった自分も鮮明に覚えてます。
四歳馬初の天皇賞制覇を成し遂げた後は、今一つ花が咲かず、翌年の天皇賞(秋)では1番人気に推されるものの、女帝エアグルーヴに惜敗し、牝馬初の天皇賞(秋)制覇を許してしまいましたが…

それでもクラッシック路線から外れて、古馬に真っ向勝負を挑んだ姿は正直濡れた(えw

それにしても、うちのチームはみんな競馬好きだったんですねwww

No title

>与太郎さん
自動的にZYMさんと自分が小宮さんとラサールさんという位置付けになりますねw
10年以上前がいちばん競馬に熱中してたので必然的にその辺りの馬には詳しいですw自分もチーム内の名前早く変えたいwww

>ZYM(小)さん
バブル好きとは結構珍しい!地味な方なのにw
皐月賞はこの馬か武豊が三冠を獲れる馬と言っていたダンスインザダークだろうと思われていましたがこの馬は故障、ダンスは熱発回避。クラシック候補だったこの馬が距離適正を考慮して天皇賞路線に来たときはワクワクしたのを覚えてます。それ以上にあの天皇賞はレース後の黄門様の激怒っぷりのほうが印象深いですw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theendmj.blog119.fc2.com/tb.php/5-8b37a36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生存報告ですw «  | BLOG TOP |  » 32→20→36

プロフィール

痔・エンド

Author:痔・エンド
非オリネなのでMJネームはこの限りにあらず。

┏段位━━━━┓
風神 ●×30+0.183
┗━━━━━━┛
┏雀荘LV━━━┓
チップLV:17
三人打ちLV:26
┗━━━━━━┛
┏リーグ━━━━┓
レギュラー東風戦:A1
レギュラー半荘戦:A1
プロ東風戦:S2
プロ半荘戦:S2
三人打ち:A1
雀荘リーグ:S2
┗━━━━━━┛

サブカ:苔ティッシュ(オリネ)、5回目の昇龍(笑)
プロリはこっちのカードで打ってることが多いです。

MJブログのリンク随時募集中。

好きな役:リーチ、チートイツ
嫌いな役:国士、ツモり三暗刻

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
MJ (182)
アイテムリスト (0)

FC2カウンター

新着ブログ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。